シャンプーの選び方と注意点、美容師が使うシャンプーのホント

シャンプーの選び方は、肌質や髪の悩みなどに合わせて決めることが必要です。

シャンプーも弱酸性を探そう

shampo

最近はTVCMも増えてきたおかげでなんとな~く「弱酸性がいい」と思ってる方は多いと思います。

けど実際、弱酸性のシャンプー探せますか?なかなか難しいと思います。なぜなら弱酸性はコストがかかるのでメーカー側もなかなか作れてない現状があるからです。

高級なシャンプ(リッター5000円等)になると弱酸性のものが見られますので、本当に頭皮環境を気にされてる方はそういったシャンプーを選ぶようにしてください。

アルカリ性シャンプーはコストがかからない上に、洗いあがりがすっきりとしっかり洗った感じがします。洗浄力が強いと言っても良いでしょう。しっかり洗いたい方はアルカリ性のシャンプーでOKです。

弱酸性やアルカリ性はシャンプーのパッケージにもどこにも書いてありません。自分でリトマス紙を用意して調べるしかないです。とは言えリッター1000円未満の安いのはほとんどアルカリ性だと思います。

大きく分類してみると

シャンプーの選び方として、大きく分類すると、高級アルコールタイプ、石鹸タイプ、アミノ酸タイプに分類することができます。

 

高級アルコールタイプ

「高級」といっていますが「価格が高い」という意味ではなくて、実際は安く市販されているほとんどのシャンプーが当てはまります。

合成の界面活性剤が入っているなどあまり髪に良い成分が入ってるとは言えません。

安価なので肌が強い人や特にこだわりがない人なら、高級アルコールタイプを使っても良いでしょう。

 

アミノ酸シャンプー

敏感肌の人や乾燥肌の人、髪や頭皮にトラブルを抱えている人にとっては、刺激が強すぎるシャンプーではダメージを大きくしてしまうので、低刺激のアミノ酸シャンプーを選ぶことが必要です。

アミノ酸シャンプーは、洗浄力は他のタイプと比べるとやや弱いものの、肌に刺激にならないので、トラブル肌を改善したい人にはピッタリなのです。

私自身は植物系エキス配合のアミノ酸シャンプーを使っています。750gで5,300円もするのですが(汗

 

石鹸タイプ

頭皮の毛穴に詰まった皮脂や汚れ、タンパク質などをスッキリ洗浄したい場合には、石鹸タイプのシャンプーが良いでしょう。

石鹸タイプは高い洗浄力があるだけでなく、高級アルコールタイプほど刺激が強くないので毛穴の中に詰まった汚れまでしっかりと取ることができます。

洗い上がりがさっぱりしたい人にオススメですね。

ただし、肌が弱い人にとっては石鹸成分が刺激になってしまう事がありますし、ダメージを受けやすい髪にとってはあまり適していません。

頭皮が敏感な人もトラブルを起こしてしまうかもしれないので注意してください。

 

美容室で使ってるシャンプーの選び方

shampo2

申し訳ないのですが、美容室で使ってるシャンプーはほとんどが1リットル1000円程度の安いシャンプーだと思います。

ウチでは資生堂の業者用の安いのを使っています。シャンプーにコストをかけるとお客さんから頂く料金にそれを負担してもらうことになるからです。

ですので、美容室がおすすめするシャンプーは参考にならないと思います。

上でご紹介したシャンプーの選び方を参考に、自分の髪・頭皮に合うものを探す努力をしてみてください。

 

シャンプーのしかたの基本と、ご注意

シャンプーを選ぶ際には、頭皮や毛髪の状態や抱えている悩みなどによって適切なものを選びたいものですね。

そして、できるだけ頭皮環境にとって刺激にならないように、シャンプーを使う前にはたっぷりとお湯洗髪をして汚れを取り除き、少量のシャンプーをたっぷり泡立ててから頭皮をマッサージするような感じで洗ってあげましょう。

爪を立ててゴシゴシすると、肌を傷つけてしまってトラブルの原因となるのでNGです。

 

トップページへ戻る

 

このページの先頭へ