パーマ髪にドライヤーを効果的に!髪に優しい失敗しない使い方

dryerac24
パーマをかけると、髪はとても痛んでしまいます。

ドライヤーの熱でさらに髪にダメージを与えてはいけないと、パーマ後には自然乾燥を心がける人が多いのですが、実はこれは大きな間違いなのです。

パーマをかけて傷んだ髪を短期間で健康な髪に戻し、艶や弾力を取り戻してあげるためには、パーマ後には正しい方法でドライヤーを使ってあげるのがおすすめですね。

縮毛矯正やデジタルパーマなど、高温でパーマを当てるホットパーマの場合には、シャンプーして濡れた髪はなるべく素早く乾かしてあげるのがおすすめです。

クルクルドライヤーなどで髪をスタイリングしながら乾かすと、パーマが崩れやすくなってしまうので、頭皮や髪の根元を中心にして素早く乾かし、仕上げは冷風で髪表面のキューティクルをキュッと引き締めて、艶を与えてあげると良いでしょう。

冷たい化学成分によって当てるパーマはコールドパーマと呼ばれていて、この場合には自然乾燥してもパーマが取れてしまう心配はありません。

ただし、ドライヤーをかける時にブラシなどで引っ張ったり伸ばしてしまうと、カールが取れやすくなってしまうので注意しましょうね。

パーマをかけてダメージを受けた髪は、キューティクルがはがれて髪はパサパサに乾燥してしまいます。

そこで、マイナスイオンなどシットリ機能が搭載されたヘアドライヤーを使い、髪表面や内部にたっぷり水分補給してあげると、髪をより健康な状態へと改善できるのでおすすめです。

 

トップページへ戻る

 

このページの先頭へ