メンズ向け、ドライヤーの使い方ノウハウ

scalp

メンズでもレディースでも、基本的なドライヤーの使い方は変わりません。

ドライヤーを使う際には、髪ではなく頭皮や髪の根元を先に乾かしていくことが必要ですね。

しかし、メンズの場合には髪が短く、ドライヤーの使い方次第でカッコいいヘアスタイルを作りやすくなります。

まず、メンズがドライヤーを使う場合には、最初に頭皮を軽く乾燥させた後、ドライヤーを使いながら髪の根元を立たせていくという使い方がおすすめです。

髪は、熱を当てている時ではなく、冷める過程においてクセが付きやすくなるので、指で毛束を掴んで立たせながら根元を中心に温風を当て、次に冷風モードで髪を冷ましてあげましょう。

この時、髪がしっかりと冷めるまで、根元を立たせている側の手は離さないようにしてくださいね。

ドライヤーを正しく使えば、特別なスタイリング剤を使わなくても髪は根元から立ちあがりやすくなります。

しかし、ボリュームアップした状態を一日中キープするなら、ドライヤーでしっかり乾かした髪の毛先を中心に、ワックスをつけてあげると、ヘアスタイルが崩れにくくなります。

メンズは髪が短いため、枝毛や切れ毛など髪のトラブルや悩みを抱えていない人が多いのですが、少し髪を伸ばしてロングヘアを楽しみたいというメンズの場合には、ドライヤーの使い方は女性と同じになります。

ドライヤーを使う時には髪の内側から根元や頭皮を中心に乾かしていき、マイナスイオン機能などが搭載されているドライヤーを使って、しっとり感や艶感を出していきましょう。

 

トップページへ戻る

 

このページの先頭へ