ドライヤーの熱は髪にどんな影響をあたえるか?熱変性を避ける使い方

ドライヤーの吹出口から出る熱風の温度は、90℃~100℃と言われています。

髪は濡れている状態の場合、60℃~70℃ぐらいの温度でたんぱく質が熱変性を起こしてしまうため、ドライヤーを間違った使い方をすると、髪にダメージを与えることになってしまうので注意しなければいけません。

ドライヤーの熱で髪のたんぱく質が熱変性してしまうと、表面のキューティクルがはがれたりダメージをうけて、パサパサに乾燥する原因となったり、切れ毛や枝毛が起こりやすくなります。

また、髪1本1本が細く弱くなってしまい、わずかな刺激や摩擦にも耐えられずに抜けてしまうリスクもあるので注意しましょう。

頭皮は常に髪で覆われているので、濡れた髪をそのまま放置することは、頭皮が蒸れて頭皮環境が悪くなってしまったり、嫌な臭いの原因にもなります。

 

熱を避ける使い方がおすすめ

dryerac05
髪の熱変性を避けるためには、ドライヤーを一か所に集中して当てるのではなく、手首を振りながら広い範囲を同時に乾かすようなイメージでドライヤーをかけるようにしましょうね。

できるだけ短時間でサッと乾かせるように、ドライヤーを使う前に清潔なタオルで頭皮を中心にしっかりタオルドライしておくのがおすすめです。

また、ドライヤーを使う時には、髪ではなく頭皮を乾かすことを意識すると良いでしょう。

指で髪をかき分けながら、ドライヤーの熱が頭皮に当たるようにして8割ぐらいを乾かしてあげるのがポイントです。

洗髪後は速やかにヘアドライヤーを使って乾かしてあげることが必要なのですが、温風モードで頭皮を乾かした後には、まだ濡れている毛先は冷風モードで乾かしてあげると、髪へのダメージを減らして艶のある髪へと仕上げることができます。

冷風モードなら熱変性の心配もないので安心ですね。

 

低温トリートメントドライヤーという商品

雑誌にも取り上げられた事がある「低温トリートメントドライヤー」という商品もあります。

髪への温度が「60度」と髪が傷まない低温度に設計されているマイナスイオントリートメントドライヤーです。

個人的にはこのドライヤーおすすめで、低温でも温風が広範囲にふんわり広がるのでブローの時間を短縮できるんです。

 

トップページへ戻る

 

このページの先頭へ